車の電球をLEDに換えるのは難しい

家庭用の照明ではすでにLEDの利用が一般的になっていますし、新しく照明器具を買うのなら当然のこととして選ぶことになります。
何と言っても省エネルギーで電力消費が少ないですし、しかも長寿命で蛍光灯とは違ってスイッチを入れればすぐに点灯します。
ほとんど欠点がない照明と言えます。
このメリットは自動車用としても同様にあるわけですので、最近の自動車には多く利用されています。
まずオンオフに反応が早く寿命にも影響が少ないのでブレーキランプに広く使われています。
それ以外だとやはり省エネの影響の大きいヘッドライトやフォグランプなどですが、普通の電球との交換用のLEDはそれ程多くはありません。
それは実は普通の電球と違って熱に弱い面があるためです。
電球用のシステムで使った場合には簡単に加熱して短期間で切れてしまう可能性が高いからです。
自動車用の場合スペース的に余裕が少ない場合が多く、十分な放熱対策が難しいのです。

LEDの普及で車のランプは交換不要に

一般家庭でも今や使っていない人はいないのではないか、と思えるほど普及したLEDですが、車にも多く使われるようになってきています。
ヘッドライトに標準仕様で装備されているのはまだ高級車だけというのが現状ですが、オプションではほとんどの車種につけられるようになっています。
LEDが使われるようになってからというもの、ヘッドライトの電池切れを心配する必要がなくなりました。
いずれもっと普及すれば、片目走行を見ることもなくなることでしょう。
それまでは数年おきに電池切れを起こし、交換が必要でしたが、乗りかえるまで交換が必要ではなくなります。
但し、一旦交換が必要になると、これまでよりも高い費用がかかってしまいますので注意が必要です。
従来の電球であれば、工賃を含めても数百円で済んでいたものが、一万円以上になってしまったりします。
ヘッドライトだけでなく、内装やドレスアップに使用してもお洒落です。
小さな電球タイプのものからフットライト専用まで種類も豊富です。

pickup

貸倉庫を東京で探す

2018/3/16 更新

  Copyright 2015 good car life, All Rights Reserved.