車に関する2種類の保険

good car life
 
 

車にかける保険の補償について

車を購入しようと思ったらパーキングスペースを確保したりローンの申込をしたりと何かと忙しくなりますが、保険についても手配しておく必要があります。
自賠責の方は販売店で手続きを行ってくれますが、任意の方は自分で探して申込手続きを済ませておかなくてはなりません。
任意の自動車保険を選ぶ時は、補償内容と補償金額、保険料を比較しながら選ぶといいでしょう。
補償内容は大きく分けて三つあります。
一つ目は相手方に対する補償になり、二つ目には自分自身の補償になります。
三つ目は車両に対する補償ですが、一つ目と二つ目に比べて三つ目の補償は付ける方と付けない方がいるので、必要性を感じる方は付けておきましょう。
新車で購入する場合は必要性を感じる方が多いですが、料金を抑えるためにかけない方も多いのです。
全体で見ると補償を付ける方の方が若干多くなっており、五割強という割合になっています。
対人賠償と対物賠償は無制限でかけておくと安心です。

2種類ある車の保険

車は大きく分類すると強制加入が法律で義務づけられている自賠責保険と自由に任意に加入を選べる任意保険の2つのタイプがあります。
車の事故の損害や十分な賠償金を支払うためには両方の保険に加入することが必要になります。
国内では代理店型の会社と通販型の会社、共済などがあります。
リスク細分型が認められてからは各会社で自由に価格設定ができるようになり補償内容やサービスもさまざまです。
車の種類や使用目的、年齢、性別、免許証の色、走行距離数などでも金額が違ってきます。
事故率の低い契約者を優遇する契約になりました。
1台につき1契約になりますが10台以上車があるときにはフリート契約ができるので通常契約の割引率とは異なる割引率体系があります。
それ以外の契約はノンフリート契約が用いられ等級別料率制度により料率により金額が違ってきます。
各会社により様々な違いがあるのでインターネットを利用して比較検討するとよいでしょう。
自分に適切な補償内容を選ぶことができます。

Valuable information

ロレックス デイデイト 買取

2017/6/8 更新

 
Copyright 2015 good car life, All Rights Reserved.